リファ 眉間のしわ

パソコンやスマホの普及が眉間のシワの原因に

 リファの口コミをチェックしていると、眉間のシワが薄くなったと言う口コミを時々目にします。

 

 それはリファでマッサージすることにより、眉や額まわりのコリがほぐれて来たため、眉間のシワが改善されたのでしょう。

 

 パソコンやスマホ見る機会が増えた現代人は、小さな文字を凝視するために、気が付くと目を細め、眉間にシワを寄せてしまいがち。

 

 近頃ではスマホの普及により、20代の若い方でも眉間のシワに悩む方が増えています。

 

 特に30代以降は肌の老化に伴い、眉間のシワが定着しやすくなりますので、長時間のパソコンやスマホ利用の合間に、リファを使って眉間まわりのコリをほぐしてあげると良いでしょう。

 

 眉間や額などの表情ジワの外科的治療としては、ボトックス注射が有名ですね。

 

 東京ミッドタウン皮膚科形成外科クリニックNoageの院長 今泉明子先生の著書によると、ボトックス注射は表情ジワの原因となる筋肉に、天然のたんぱく質を注射して筋肉をリラックスさせる為、シワに効果があるのだそうです。

 

 額や眉間のシワは、しかめっつらなどの表情により出来ることが多いですが、その表情を作っている筋肉(=皺眉筋)を緩めることがシワを出来にくくするとのこと。

 

 と言うことは、眉間のシワはマッサージで筋肉を緩めてあげれば、ボトックス注射ほど即効性はないものの、シワ定着の予防効果が期待できるでしょう。

 

 それから先生の著書に興味深い事がか書いてあったのですが、女性の約60%は寝いている間に眉間にシワを寄せていると言われているそうです。

 

 この原因ですが・・・スムーズに眠れなかったり、眠っていながらも脳が興奮状態にあったりすると、深いノンレム睡眠がとれなくなってしまうんですね。

 

 そうなると、睡眠中にも関わらず脳が活発に活動してしまい、眉間や額に深いシワを刻みながら寝てしまうことになるそうです。

 

 最近の調査では、寝る直前までパソコンやスマホをしていると、ディスプレイに使われている発光ダイオード(LED)が放つブルーライトが睡眠の調節を助けるメラトニンを抑制し、睡眠の質を悪くしてしまうと言われています。

 

 質の良い睡眠で脳と体を休ませることが重要なので、仕事が忙しい人ほど適度な運動を生活に取り入れると良いそうです。

 

 ところで私も寝ている時に眉間にシワが寄っているらしく、主人に証拠写真として寝顔の写真を見せられたら、本当に眉間にシワを寄せていたんです。

 

 よく寝起きに眉間のシワが深くなっていることがあり不思議に思っていたのですが、謎が解けました(笑)

私のしているカラットを使った眉間のシワへのマッサージ

 私は若い頃から眉間にシワがあり、20年近く放置状態でしたので、私の眉間のシワはすっかり定着してしまっています。

 

 なので、マッサージで眉間のシワが消滅すると言うことはもう無理と思っていますが、少しでも改善、せめてこれ以上酷くならぬよう現状維持を目的にリファでマッサージしています。

 

 マッサージをさぼるとより眉間のシワが目立って来るので、やはりやらないよりは効果があります。

 

 私はリファ カラット、リファ オースタイル、リファ エスカラットを現在持っていますが、眉間のシワにはカラットを使っています。

 

 本来、眉間のような小さな部分にはエスカラットを使うことが想定されていると思います。

 

 MTGのエスカラットの販売ページには、「眉間から生え際まで軽やかにローリング」と言う文言とともに以下↓のような写真も載っていますから。

 

 

 

 ですが、私のように眉間の中央に既に1本深くシワが入っている方は要注意です。

 

 エスカラットを眉間に当てて上に転がすと、恐らくエスカラットの2個の球体の間に目頭の肉が摘んで挟み込まれて、眉間のシワの部分がちょうど深い谷のように折り込まれると思います。

 

 なんと恐ろしいことに、余計に眉間のシワを深く刻んでしまっている状態なんです。

 

 まだシワが刻まれていない状態だったら、写真のように眉間にエスカラットを当てて転がすことは、眉間のコリをほぐしてシワを防ぐ効果があると思います。

 

 しかし、私のように眉間部分の肌のハリが失われてたるみもあり、既に1本中央にシワが深く入っている状態では逆効果なんですね。。
(確認が出来ませんが、ハの字型に眉間に2本のシワがある場合は大丈夫なのかもしれません)

 

 そのため以下の図のように眉間にカラットの1つの球体をのせ、眉間のシワをほぐすようなイメージで小さい円をグルグル描きながらマッサージをする方法が、私のような深いシワは目立ちにくくなります。

 

 このマッサージの時には眉間にクリームか美容液を塗った上から行うと、シワがより目立たなくなります。

 

 それから、私の場合はオースタイルやエスカラットよりもカラットを使った方が、シワが目立ちにくいです。

 

 カラットの方がオースタイル・エスカラットよりも球体自体に重みがあるため、シワを伸ばす力が大きくなるようです。

 

 軽いアイロンよりも重いアイロンを使った方がYシャツのシワが取れやすいのと同じですね。

 

 

 

<追記・・よりシワが目立ちにくくなる方法>
 上記のようにリファで眉間のシワの上を小さい円を描きながらマッサージする場合、指で眉間のシワ部分をほぐした後にリファでマッサージをすると、深い眉間のシワでもかなり目立ちにくくなります。
 指でほぐす時は、親指と人差し指を使って眉間のシワの部分を軽くつまんだり、離したりを10回くらい繰り返します。
 この時、人差し指が上、親指が下になるように眉間に当て、縦方向につまむのがポイントです。
 このように指でほぐした後に、眉間に円を描くようにリファを転がすと、不思議なことにシワが一層目立ちにくくなります。
 この方法だと、オースタイルやエスカラットでもカラットと同じくらいシワ目立たなくなりますヨ。
 シワがかなり深い方は、保湿クリームを塗った後にするとより良いでしょう。

 

 

眉間のシワを作る皺眉筋をほぐす

 眼輪筋の上には皺眉筋(すうびきん)と言う眉に沿うようについている筋肉があります。

 

 皺眉筋は眉間にシワを寄せる筋肉で、ココが凝っていると眉間にシワが寄りやすくなります。

 

 若いうちは眉間にシワが寄っても肌にハリがあるためシワは定着しませんが、加齢によりハリが失われるとシワが定着していきます。

 

 上でご紹介した眉間の上をリファでマッサージするだけでなく、皺眉筋をリファでほぐして眉間にシワが寄りやすい状態を改善していきましょう。

 

 パソコンやスマホを長時間使用していると、皺眉筋が凝りやすくなります。

 

 皺眉筋が凝っていると眉間にシワが寄りやすくなるばかりか、瞼もあけにくくなり、目がちんまりとして来るので、パソコンやスマホをよく使う方は皺眉筋もマッサージしましょう。

 

 私はリファで皺眉筋をほぐす時は、1つの球体を皺眉筋にのせ、コリをほぐすようにクルクルと小さい円を描きながらマッサージしています。

 

 特に目頭のちょっと上辺りがコリやすいので、そこを重点的にほぐしています。

 

 下の図の赤い部分が皺眉筋です↓