リファエスカラットで法令線マッサージ

リファエスカラットは顔のコリがほぐれて、ほうれい線にも効果アリ

 皆さんは、顔にもコリがあるってご存知でしたか?  

 

 普通、肩コリは自覚しても、なかなか顔のコリには気が付きません。

 

 ですが、顔の筋肉(=表情筋)も肩や首と同じように部分的にこわばって固くなり、手で触ると固い塊としてコリが分かることもあります。

 

 肩コリが身体に悪い影響を与えるのと同じように、この顔のコリは美容の観点から見ても良いものではありません。

 

 表情筋は皮膚の下に直接ついていますが、表情筋が皮膚を引き寄せてくれることで、ヒトは笑ったり、眉を上げたりと様々な表情を作ることができます。

 

 その表情筋が固くこわばっていると、うまく伸び縮みすることが出来なくなり、筋肉が短くなってしまうんですね。

 

 そして筋肉が短くなると、その上についている顔の皮膚にはたるみが生じて、その結果としてシワが出来てしまうのです。

 

 つまり顔のコリも、たるみとシワが出来る原因の一つになっていたんです。

 

 さて、女性の皆さんの悩みの一つである「ほうれい線」は、ほうれい線よりも外側にある頬の筋肉のこわばりが原因にもなっています。
(もちろん乾燥など、他にもほうれい線の原因はあります)

 

 この部分の筋肉がこわばると皮膚がたるみ、ほうれい線のシワが生じてしまうのです。
※ 出典: 土門 奏著書「美顔率 マッサージ&トレーニング」

 

 以前、リファの実店舗の販売員さんにリファエスカラット(リファSカラット)でほうれい線を改善するローリング方法を教えてもらったことがありますが、このマッサージもまさに頬の筋肉のこわばりをほぐしてくれる作用がありますので、以下に掲載しますね。

 

 このマッサージの後は、確かにほうれい線が短くなったように見えますよ。

 

まずリファエスカラットの1つの球体でリンパ節をプッシュ

 鎖骨にあるリンパ口を開き、リンパの流れを促します。
 リンパ口は写真の矢印の部分になります。

 

小鼻の横にあるツボをリファエスカラットの1つの球体でプッシュ

 小鼻の横のツボは、ほうれい線に効くツボだそうです。
 数回プッシュしましょう。

 

リファエスカラットで頬を縦方向にローリング

 頬の凝りをほぐします。
 リファエスカラットは取っ手を下にして持っても、上にして逆手に持ってローリングしてもOK。

 

リファエスカラットで横方向にローリング

 小鼻の横あたりから、耳の下に老廃物を流し込んでいくようにローリング。
 取っ手は横向きに持ちながらローリングします。

 

耳下から首筋へリファエスカラットで数回ローリング

 老廃物をリンパへと流します。

 

 

 以上がリファエスカラットを使った「ほうれい線」に効果のある顔コリほぐしです。
 リファエスカラットは小さいため、顔の部分的なコリをほぐすのにとても使いやすく出来ています。
 こわばった顔の表情筋をほぐすことで、肌に弾力も甦ります。
 リファエスカラットを使いだしてから、「肌にハリが出た」と言う口コミも見られるのは、コロコロしているうちに顔のコリがほぐれて来たのでしょうね。

 

 また、上に載せたマッサージ以外に、美STに掲載されていたリファエスカラットのマッサージ方法をサイトでご紹介しています。
 興味のある方はこちらの記事をご覧ください。⇒ 参考記事:「リファ エスカラットの詳しい使い方

 

※リファエスカラットについての詳細な説明はMTG公式サイトでご覧いただけます。
MTG公式サイトはこちら