リファ アクティブ

リファ アクティブなら何処をマッサージしても痛くない

 リファ アクティブ(ReFa ACTIVE)は、世界的にも有名なサッカー選手 クリスティアーノ・ロナウドがイメージキャラクターを務めていることから、「スポーツをした後のマッサージに使うもの」と言う印象が強いかもしれません。

 

 なので、ほとんどスポーツをしない私は、リファが好きでもリファ アクティブだけは全く興味がありませんでした。

 

 しかし後になって分かったのですが、リファアクティブはスポーツ後のマッサージだけでなく、手足のだるさや痛みを解消するためのマッサージに使うのにも、とっても良いんですね。

 

 最近、リファアクティブを置いてあるお店が増えたので、試しにだるくて痛みを伴う足に使ってみたら、すごく気持ち良く、マッサージ後は足が軽くなりました。

 

 こんなに素晴らしいものを今まで知らなくて、損したような気がしているくらいです。

 

 リファアクティブがリファカラットと大きく違う点は、リファカラットのような肉の挟み込みの仕方をしないので、「体中のどこに転がしても痛くない!」ことです。

 

 コレ、私にとっては重要ポイントなんです。

 

 私はリファカラットが痛くて、そのままでは足に使えません。

 

 足に普通に使える人も多いみたいですが、私の足は肉が多過ぎるせいなのか、あるいは肉質のせいか、肉をローラーの間に挟み込むと痛くて、カラットはそのままでは使えません。

 

 リファカラットをだるい足に転がす時は、肉を挟まぬように皮膚の表面だけを静かに転がすか(それでも挟み込む・・)、ジェルを塗ってから転がして痛くないようにしていました。
※お風呂で使う方は、足が濡れている状態なので痛みはありません。

 

 足を細くしたいなら、この痛みにも耐えた方が良いのでしょうが、私は根性ないので、痛いくらいならこのままの太い足で良いです(笑)

 

 リファアクティブはローラーの間の幅を自分で自由にコントロール出来、力加減も調節出来ます。

 

 肉がたくさんあって、ローラーの間に肉がたくさん入れば、2つの球体の間の幅が自然と広くなるようになっているので、無理やりローラーに肉が挟まって痛いと言うことがないんですね。

 

 球体が深く筋肉に対して沈み込むのですが、決して痛みを伴わないので、球体を深く沈みこませたまま筋肉を押し流せて、筋肉疲労時のマッサージ効果は抜群です。

 

 だから、疲れて家に帰ってきたご主人にリファアクティブで足をマッサージしてあげたら、痛みを感じさせずに足のマッサージが出来て喜ばれるだろうなぁと思います。

 

 ふくらはぎは第二の心臓とも言われ、ふくらはぎをマッサージすると血流が良くなり、健康にも良いそうです。

 

 首筋がコリ過ぎて痛い時なんかも、首筋をリファアクティブでマッサージするととても気持ち良いです。

 

 首筋はリファカラットでも痛くないので問題なく使えていますが、リファアクティブでの首筋マッサージは、球体が深く「グワっと」首の痛い部分をとらえてくれる感じで、本当に気持ち良いですヨ。

 

 なお、リファの実店舗のフォルマヴィータの店員さんに伺ったところでは、体をほっそりさせたいなら摘み流す力の強いリファカラットの方が効果があり、筋肉疲労のマッサージに使うにはリファアクティブの方が向いているとのことでした。

 

 

※リファアクティブとリファカラットの詳しい商品説明はMTG公式ショップでご覧になれます。
MTG公式ショップはこちら

 

 

 

関連記事
⇒「リファカラットフェイスとリファカラットの使用感の違いは?
⇒「リファ フォーカラットとリファカラットの違いは?