頭皮マッサージ 肩こり

肩こりで目が小さくなり、額にシワまでも・・

 パソコンを仕事で使うことの多い現代人には慢性的な肩こりに悩む人が増えています。

 

私も四六時中肩こりに悩んでいますが、2016年9月4日放送のテレビ番組「林先生が驚く初耳学」では「肩こりを放置しておくと目が小さくなる」と言う衝撃的な内容を放映していました。

 

そして目が小さくなるだけでなく、額にシワが残りやすくなり、5歳も老けて見えるようになってしまうのだそう。

 

人間の筋肉は肩から顔までつながっているので、肩こりになると頭の後ろの筋肉(=後頭筋)が固まって リンパの流れが滞り、顔がむくんでしまい目が小さくなるそうです。

 

後頭筋は頭の上を通って額に繋がっているため、更には額の筋肉が固くなり、額のシワも酷くなると言う恐ろしい結果に。。

 

目が小さくなるのも、額のシワが酷くなるのも女性にとってはイヤですね!

 

頭筋ストレッチで改善できる

 そんな恐ろしいことを予防するには、頭の筋肉をほぐすことが重要です。

 

 テレビでは樋口賢介さんと言うヘッドスパで有名な美容研究家の方が頭筋のストレッチを指導し、1日3分、10日間続けた被験者の女性が3人登場しましたが、3人とも確かに目が大きくなり、血色も良くなっていました。

 

特に歳が一番上の50代の女性が顕著に目が大きくなっているように思いました。

 

50代だと頭皮自体もたるんで来る年齢なので、効果が大きく表れているのかもしれません。

 

 では、肩こりにより目が小さくなったり、額のシワが出来るのを予防出来る頭筋ストレッチを下にご紹介します。

 

頭皮全体の揉みほぐし 30秒

 指のはらを使って、頭皮全体を引き離すように、ザビエルゾーン(頭頂部)を中心に揉みほぐす

 

 

 

カチューシャゾーンの揉みほぐし 30秒

 フェイスラインから側頭部にかけてのカチューシャゾーンを揉みほぐす。
カチューシャゾーンは顔へと続くリンパが流れているため、ほぐして血流を良くすることが重要

 

 

 

カチューシャゾーンのナックリング 1分

 指の外側の面を使って円を描き、円を描きながらほぐす時に頭皮をグッーと引き上げる

 

 ※指のこの部分を使います↓
 

 

 ※頭皮をグーッと引き上げたところ↓
 

 

カチューシャゾーンのリフトアップ 1分

 しっかりと耳の上(=側頭部)に手のひらを当てがって圧迫したら、前に3回まわして5秒間引き上げる
(1、2、と数えながら3の時に上に引き上げ、5秒間引き上げておく)
これは目じりのシワやほうれい線の解消にも効果的

 

 ※5秒間引き上げたところ↓

 

リファを使っても頭皮マッサージが出来ます

 上ではハンドによる頭筋マッサージをご紹介しましたが、リファを使っても頭皮マッサージが出来ます。

 

私はリファカラット、リファオースタイル、リファエスカラットの3つを持ってますが、頭皮をマッサージする時にはリファエスカラットを使っています。

 

頭皮をマッサージする時には、腕を高く上げなければならないので、一番軽いリファを使うのがラクなのと、エスカラットでするとツボにピンポイントではまり、一番気持ち良いと個人的に感じているからです。

 

上で紹介しているザビエルゾーンとカチューシャゾーンと耳の上の側頭部を中心に、コロコロとエスカラットを転がしてマッサージしています。

 

テレビでは頭筋マッサージをすると皆さん、目のむくみが取れてが目が大きくなっていましたが、エスカラットで頭皮のマッサージをしても、同様に目のむくみが取れて、目元がはっきりしますよ。

 

関連記事⇒「リファで頭皮マッサージもすると顔のたるみに効果アリ」