リファ 偽物

人気商品なだけに偽物が多いリファ

 リファ(ReFa)を販売しているMTGのサイトには以下のような警告が出ています。

 

 

 かってより有名アパレルブランドの商品等には偽物がつきものでしたが、最近では美顔器の偽物も多く出回るようになりました。

 

 リファは日本のみならず海外でも販売されている大ヒット商品であり、免税店での取り扱いまである商品のため、悲しい事ですが偽物が多く流通しているのは無理もないことかもしれません。

 

 リファの偽物は製品本体だけでなく、パッケージや取扱説明書および付属品にいたるまで何から何まで正規品を模倣して精巧に作られているため、一般消費者には非常に見分けがつきにくいものとなっています。

 

 これらの偽物を購入すると以下のようなデメリットがあると考えられます。

 

マイクロカレント(微弱電流)が発生しない

 偽物はリファの特徴であるマイクロカレントが生じないため、マイクロカレントの様々な効果の恩恵を受けられません。
 リファを購入される方はマイクロカレントの効用を期待して購入される方も多いでしょう。(⇒マイクロカレントの効用についてはこちら
 しかし偽物にはマイクロカレントが流れないことから、リファでマッサージをしてもマイクロカレントの効果の恩恵が受けられず、マッサージに時間を掛けた労力がムダになってしまいます。

 

 

ローラーがプラチナコーティングされていない

 正規品のリファはプラチナコーティングがされていますが、プラチナコーティングは高価なため、偽物にはプラチナによるコーティングが施されていません。
 プラチナは金属アレルギーをおこしにくい材質ですが、安価な金属には金属アレルギーを引き起こしやすいものもありますので、偽物を使うことにより金属アレルギーを発症する恐れがあります。

 

防水仕様になっていない

 正規品のリファは防水仕様になっているため、入浴時に使用出来ますが、偽物は防水仕様でないため、浴室で使うとソーラー部分に水が浸水してしまう恐れがあります。
*ただし、リファエスカラットやリファオースタイル等は正規品でも元々防水仕様ではありません。

 

商品の不具合が起きやすい

 私はリファカラットを3年以上毎日使っていますが、今のところ特に不具合は起きていません。
 しかし、偽物は購入時に既にローラーが外れていたり、すぐにローラーが取れてしまったりと言う報告があります。
 また、リファに不具合が起こった時にリファに製造番号(シリアルナンバー)が付いていないと、メーカー保証が受けられなくなってしまうので要注意です。
※偽物は製造番号までも偽造していることもあります。

 

 

リファカラット レイ(ReFa CARAT RAY )も既に偽物が流通

 リファ カラット(ReFa CARAT)だけでなく、リファ エスカラット(ReFa S CARAT)、リファ フォーカラット(ReFa 4 CARAT)、リファ フォーボディー(ReFa for BODY)、リファ エグゼ フォーメン(ReFa EXE for men)にも偽物が出回っているとMTGのサイトには警告が出ていましたが、ついに2016年8月にはリファカラット レイ(ReFa CARAT RAY )の偽物もMTGにより確認されたそうです。

 

 リファカラット レイはまだ発売されてからそれほど月日が経っていないと思うのですが、恐るべきスピードでコピー品が出回るものだと驚かされます。

 

以下がMTGのサイトで警告されていたリファカラット レイの正規品と模倣品の比較写真です。

 

 

 一般消費者にはとても見分けが付かないほど似せられている模倣品ですが、これらの偽物を使ってもマイクロカレントは発生せず、プラチナコーティングが施されていないため、金属アレルギーを引き起こす恐れもありますので、注意しましょう。

 

 

※リファの詳しい商品説明は、MTG公式サイトでご覧になれます。
MTG公式サイトはこちら